FineNovaLAB

世界レベルへと進む自転車Team

チームメンバー募集

Fine Nova LAB のチームメンバーを募集

 

こんにちは小笠原崇裕です。

この度、長年構想を練っていた「ジュニアに特化し、明確な目標を持ったチーム」を立ち上げることとなりました。

 

僕がU23世界選手権を走っていた2001年以前から今に至るまで世界選のジュニアクラスでは善戦する走りができていた日本人選手は多くいました。しかし、U23に上がると世界の急激なスピードアップに対応できなくなり、U23、エリートでは完走できたら上出来という雰囲気すらあるのが現状です。そんな僕もU23からエリートの世界選を幾度となく走って「スピード差」を嫌というほど痛感しました。

ジュニア世代のスピードという全ての基本となるベースの部分が曖昧のままで何となく練習して育ってしまったことが原因だと考えます。

ジュニア世代に、明確な目的を持ってスピードに特化して強化する必要性があります。U23、エリートに上がってもスピード負けしないスピードのベース作りを行うチームがこのFine Nova LABです。

僕の信念として「マウンテンバイクだけ」、「ロードだけ」といった偏った育成、強化は行いません。マウンテンバイクであっても集団走行、ローテーション、風上風下といったロードレースで基本となる走りは練習できます。世界ではマウンテンバイク出身の選手達がロードに転向して世界チャンピオンになったりと何人もが大活躍しており、皆さんもご存知だと思います。また、BMXからトラック競技を始めて日本代表になっていたり、競輪選手になっている例も多々あります。若いうちにオフロード種目でバランス感覚を磨いておくことが将来的にレベルの高い「自転者競技選手」を生み出すことは自転者強国と呼ばれる国々では定着しています。

ジュニア世代でやるべきこと、日本国内でできること、共に考え、学び、進んで行きましょう。

 

概要のcontactからお気軽に問い合わせください!

 

profile

小笠原崇裕  1980年11月22日 愛知県田原市出身 東京都町田市在住

 

小学生やジュニア世代に焦点を置いたスクールを開始して12年。

専属コーチを務めている小学生のチーム「イオンバイクJr.レーシング」では2年間で5人の日本チャンピオンが誕生。

ジュニア世代のあり方について各地のイベントなどで座学をおこなっている。

 

戦歴

・マウンテンバイクU23全日本チャンピオン
・マウンテンバイクXCO世界選手権日本代表として5回出場
・マウンテンバイクXCE世界選手権日本代表
・XTERRA JAPAN8年連続全日本チャンピオン
・マウンテンバイク シングルスピード全日本チャンピオン
・2004、2005、2006年国民体育大会長野県代表(ロード、トラック)
・2004年中部8県対抗ロードレース優勝
・2004年国民体育大会ロードレース6位
・2005年全国都道府県ロードレース8位
・他、トライアスロン、アドベンチャーレースにおいても優勝、入賞多数

 

資格:

・公益財団法人日本自転車競技連盟マウンテンバイクナショナルチームコーチ 
・公益財団法人日本スポーツ協会公認自転車コーチ
・公益財団法人日本障がい者スポーツ協会公認中級障がい者指導員
一般財団法人全日本ろうあ連盟 日本ろう自転車競技協会ナショナルチーム監督
 (ロード&MTB
・日本マウンテンバイク協会公認インストラクター
・BIKE FIT SYSTEMS プロフィッター
・日本自転車競技連盟公認MTB審判員
・ノルディックフィットネス協会公認インストラクター
・応急手当普及員
 

f:id:FineNovaLAB:20181129125536j:plain